入江  2008-11-04

入江子どもフェスティバル

入江子どもフェスティバル

主催:入江地区子ども会、入江地区子ども会育成協議会
共催:入江小学校、入江小PTA

11月3日文化の日、市民文化センター中ホールで「第39回入江子どもフェスティバル」が開かれた。
入江にある12の子ども会(単位子ども会)が、思い思いの演し物でステージに登場する。満席となった客席も、入江小の子どもたちと家族である。ステージの演奏に合わせて、客席から歌声が聞こえる。地元ならではの温かい雰囲気に溢れていた。
「入江子どもフェスティバル」は入江小学区の子ども会が集う文化祭である。今年で39回目ということは、第1回に参加した6年生は、51歳になる。これまでに親子二代で出場した人が沢山いると思う。孫も含め、親子三代という人がいても不思議ではない。
入江子どもフェスティバル
「入江子どもフェスティバル」は、これまで入江小体育館で開かれていたが、耐震工事のため会場を文化センター中ホールに移しての開催となった。新しい会場での準備や運営に関わった役員のみなさんの苦労は大きなものがあったと思う。また、参加する子どもたち、父母も練習場所の確保など、例年とは違った苦労があったはずだ。
舞台上に吊された大看板は12の子ども会が、ひと文字づつ担当して書いたものを貼り合わせている。
そのことが、開会式の挨拶で紹介されると大きな拍手が沸いた。それぞれが作ったものを、集めると大きな楽しさが生まれる。参加した子どもたちも、それを感じているはずだ。
子どもフェスティバルが終わり、参加した子どもたちと父母が家に向かう。役員のみなさんは、まだ会場で片付けをしている。
しみず道から線路を渡って入江小に向かう列、入江岡の駅から商店街に向かう列。近所のつながりが親子の列になっている。列の後ろ姿を見ているだけで、あったかい気持ちになる。お疲れさま、そして、ありがとう。
入江子どもフェスティバル

子ども会の演目が終わり、審査が行われている間に、入江小吹奏楽団がステージに上がり、アニメ主題歌やジャズナンバーを軽快に演奏した。

2008-11-04 | Posted in その他, 入江No Comments »