空  2012-05-21

ご近所観測会

きょうの清水

以前は「金環蝕」と書いていたような気がする。いつの頃からか「蝕」が「食」に変ったが、太陽に月が呑み込まれるので「蝕」の方がイメージを表しているような気がする。

「金環日食」の朝。テレビのニュースが、欠け始めた太陽を刻々と伝えているが、清水では東の空に雲が広がっている。予報は曇りと出ていたので諦めていたら、台所のガラス窓に日が差して来た。玄関を開けると、雲の隙間から太陽が出ている。
慌ててボール紙に千枚通しで穴をあけ、ピンホール観測の準備をはじめる。玄関に日が差してきたので、穴を開けたボール紙と、その像を見るボール紙の位置合わせをはじめた。三日月のような太陽が、白いボール紙に像を結ぶ。太陽が雲間に隠れてしまうと、ピントが甘くなって三日月がぼやけてしまう。
きょうの清水

ガク紫陽花のつぼみに小さな虫がとまっていた。写真を撮っている間、ピクリともしない。

ボール紙に大きな像を結ばせるためには、ピンホールとの距離を大きくしなければならないので、玄関から路地に出る。いつも隣組で宴会をやっている路地の中央近くで場所が決まった。洗濯物を干していた斜め向かいの奥さんに「見えるよ」と声をかける。ボール紙を覗き込んで「見える、見える」と騒いでいると、「見えるかい?」と人が集まってきた。
デジカメ持参で来た人が、ズームを効かせて逆光撮影した「金環日食」を、みんなに披露する。小さなデジカメを囲んで「見えた」と大喜び。7時半になり、月が太陽の真ん中に収まった頃、薄い雲越しに黒くなった太陽と、その周囲の明るいリングがはっきり見えた。「あ、直接見ちゃった」「きれいだった」と、また大騒ぎ。即席の「ご近所観測会」で盛り上がった。
きょうの清水

柿の花。咲いた花を撮ったことは何度もあるが、つぼみは初めてだ。

2012-05-21 | Posted in その他, わがまち, 1 Comment »